松崎晃之

松崎晃之

ビートルズが来日した年(1966年)の12月27日、この世に生まれる。16歳でドラムに目覚めた。プロドラマーとしてのキャリアは、90年のアイドルのサポートが始まり。後に海老沢一博氏に師事。
1991年に加入したビートルズのコピーバンドThe Parrots(07年脱退)では、ビートルマニアの聖地リバプールで、毎年行われるマージー・ビートル・フェスティバルに、94年より計6回の出場。また、01年にはライブCD『Please Please Me The Parrots Live At Abbey Road』をリリース。
現在は自己のリーダーバンドBEATOPIAやBEATRIOをはじめ、HOT KUMA、QUEENESSのメンバーとして、また、寺尾聰、三好鉄生、加藤健、永沼忠明のサポートも務める。
07年4月「松崎晃之・ドラム・スクール」を開校、ドラム指導にも力を注ぐ。