CANOPUS Times

三浦晃嗣さんによるNV60-M5試奏レポートいただきました!

三浦晃嗣

三浦晃嗣

すでに大きな反響をいただいているネオ・ヴィンテージ・シリーズの新しいスネア・ドラムNV60-M5。カノウプス・エンドーサーであり、リズム&ドラム・マガジン誌での長年に渡る執筆活動でもお馴染み、ドラマーとして、日本の音楽シーンに多大なる影響を与え続けるご意見番、三浦晃嗣さんに早速試奏していただきました。音楽の歴史を知り、ドラミングの歴史から進化を体現し、楽器の本質に精通する三浦さんにどう響いたのでしょうか? 執筆いただいた試奏レポートを紹介します。

ネオヴィンテージ NV60-M5 スネアドラム

NV60-M5を初めてプレイしたのは昨年(2016年)の9月に大阪で行われたドラム・イベントでのことでしたが、そのときはまだプロトタイプで、カバリングも現在の仕様とは少し異なっていました。私はスネアを試奏するときは、プレイする前にシェルの材質や構成、エッジの形状などを観察し、おおよその見当をつけてからプレイするのですが、まずはグレイ・インテリアとレインフォースメント、そしてインナー・マフラーには思わずニヤリとさせられましたね。開発者はこれについては“遊び”と言っているようですが、私にとっては単なる“遊び”ではなく、ある意味ではメッセージ性のある“粋な遊び”だったわけです(これは本当にわかる人にしかわからないと思いますが)。で、そのサウンドは私が想像した通り、まろやかで温かみのある“あの頃の音”だったわけです。

それから3ヵ月ほど経ち、今度は製品として完成したNV60-M5を試奏したわけですが、カバリングは変更されていたもののサウンドの印象は変わらず、プロトタイプの時点ですでにNV60-M5というスネアが完成の域に達していたことを思い知らされましたね。ネオ・ヴィンテージ・シリーズは『時代を彩った往年の名器のサウンドを現在に蘇らせる』というコンセプトのもとに開発されているシリーズですが、その最新作であるNV60-M5は「ほう! 今度はそうきたか!」と驚かされる(というか、喜ばされる)ばかりでした。私は60年代のR&Bのドラマーたちから大きな影響を受けましたが、あの頃の“パワーとトーン”に再び出会えた気持ちでいっぱいです。若いドラマーたちにはNV60-M5のふくよかさと温かみを体感して欲しいですね!

ネオヴィンテージ NV60-M5 スネアドラム フラットグレイインテリア
ネオヴィンテージ NV60-M5 スネアドラム インナーマフラー

三浦晃嗣さんが影響を受けた“あの頃”のパワーとトーン! ぜひお試しください!

NV60-M5スネアドラム 製品詳細はこちら

ハイブリッド・スネア・スタンド

2017年1月22日

ドラマーの理想を追求したハイブリッド・スネア・スタンド!完成!

“持ち運びを考えたら軽いスタンドがいいんだけど、ドラム・セットの中心となるスネア・ドラムを支えるスネア・スタンドは、特に操作性の高さと、抜群の安定性が必要であり、さらに鳴りを損なわない作りであることも重要……”と多くの要 …

ネオヴィンテージ NV60-M5 スネアドラム

2017年1月21日

開発者が語るNV60-M5研究&製作秘話!

ついに発表!オーダー開始となったNV60-M5、カノウプスのネオ・ヴィンテージに加わった6台目となるスネア・ドラムです。先に本コラムで紹介した、カノウプス代表、碓田信一の話にもあるように、そのきっかけとなったのは、自身の …

クラレンス・ペン(Clarence Penn)

2017年1月19日

代表、碓田信一が明かす、NV60-M5誕生秘話とクラレンス・ペン

クラレンス・ペン(Clarence Penn) ネオ・ヴィンテージ・シリーズ NV60-M5 クラレンス・ペン(Clarence Penn)が、ひょっこりカノウプスの松原の店舗(東京都世田谷区の旧店舗)に顔を出したのは、 …

YOSHIAKI [175R]

2016年12月30日

YOSHIAKI[175R]さんとVintage Snare Wire(NP)

2010年の活動休止から6年の歳月を経た2016年12月、ついに復活を果たした175R。日本の音楽シーンを一変させ、“青春パンク”という言葉を生んだ、日本を代表するロック・バンドである。もちろん抜群の推進力と圧倒的な音圧 …

パスピエ やおたくや

2016年12月30日

やおたくや[パスピエ]さんとBack Beat Snare Wire(NP)

2011年のデビューから日本の音楽シーンに衝撃を持って迎えられ、その卓越した音楽性とテクニック、さらに70年代から00年代を昇華したポップ・センスなど、その“個性”で頭角を現すロック・バンド、パスピエ。そんな個性的なバン …

玉田豊夢

2016年12月21日

玉田豊夢さんとBack Beat Snare Wire 30

飛ぶ鳥を落とす勢いの“若手No.1”時代から、すでにベテランの貫禄すら漂う凄腕ドラマー、玉田豊夢さん。多数のライヴ、レコーディングの現場で表現される多彩なドラミング、サウンドは、もはや日本の音楽シーンの中心にあると言える …

河村カースケ智康

2016年12月19日

河村“カースケ”智康さんとBack Beat Snare Wire 42

日本の音楽シーンを代表するトップ・ドラマー、河村“カースケ”智康さん。ライヴで、レコーディングで、数々のヒット曲と共に刻まれるその“シグネチャー・サウンド”の中心にあるのは、あの抜群にヌケるスネア・サウンドだと思います。 …

カノウプス バックビートスネアワイヤー

2016年11月2日

スネア・ワイヤー交換のススメ Back Beat Snare Wire編

スネア・ワイヤー=スナッピーの交換によって、スネア・ドラムのサウンドをグレードアップさせる場合、まず第一に、絶対にオススメなのがCANOPUSのVintage Snare Wire(ヴィンテージ・スネア・ワイヤー)である …

カノウプス ヴィンテージスネアワイヤー

2016年10月24日

スネア・ワイヤー交換のススメ >Vintage Snare Wire編

スネア・ドラムのサウンドを変えたい、または今よりもサウンドの質をグレードアップしたい場合、最も簡単で効果的なのは、スネア・ワイヤー=スナッピーを交換することです。例えばヘッドを張り替えるように、もっと積極的にスネア・ワイ …

玉田豊夢カスタムドラムキット

2016年9月7日

玉田豊夢NEWカスタム・ドラム・キットの全貌を紹介!

▲左から、2種のポプラ材/アッシュ材/シェル成型後/塗装後。 サイズ構成は、22”×15”BD、12”×8” TT、14”×13”FT、16”×15”FTの4点で、タム類(TTとFT)のフープは上下共にダイキャストを装着 …

2016年8月12日

ドラマー、松本淳の新相棒、STAVE BUBINGA!

松本淳さんは、UGUISSのドラマーとしてデビュー。TULIPのドラマーとして活動後にセッション活動を開始。これまでに渡辺美里、大江千里、藤井フミヤ、福山雅治、今井美樹、hitomi、Do As Infinity、大塚愛 …

DrumGym Camp 2016/松原“マツキチ”寛ドラム・セミナー

2016年8月1日

DrumGym Camp 2016/松原“マツキチ”寛ドラム・セミナー開催

確かなドラム・テクニックとニューオーリンズ・グルーヴ独特の“揺らぎ”や“構築美”を融合させたオリジナルなスタイルで、日本の音楽シーンにおいて、その“個性”を発揮するドラマー、松原“マツキチ”寛さん。Superfly、ゆず …

刃 YAIBA IIドラムキット

2016年7月28日

DrumGym Camp 2016とカノウプス刃Ⅱキットの強力コラボ!

ドラマー、染川良成さんが主宰するドラム研究機関、DrumGym(ドラムジム/http://drumgym.co.jp)。昨年には10周年を迎え、染川さんは現在、リズム&ドラム・マガジン誌でのセミナー連載中など、すでにその …

Bill Stewart ビル・スチュワート

2016年7月22日

ビル・スチュワートとNV50-M1スネア・ドラム

2016年6月2日(木)〜6月5日(日)に東京、コットン・クラブにて、ドラマー、ビル・スチュワート(Bill Stewart)の来日公演にうかがいました。オルガンのラリー・ゴールディングス(Larry Goldings) …

Justin Tyson

2016年7月19日

エスペランサの相棒、ジャスティン・タイソンがヤバい!

2016年5月31日(火)、お台場Zeppダイバーシティ東京にて、エスペランサ・スポルディング(Esperanza Spalding)の公演があり、カノウプス・エンドーサーのジャスティン・タイソン(Justin Tyso …

ジョタン・アファナドール(Jotan Afanador)ドラムクリニック

2016年6月29日

世界最速ドラマー、ジョタン・アファナドール絶賛の刃(YAIBA)Ⅱ

60秒間に1,219打(シングル・スロトークで!)を叩き出し、“世界最速ドラマー(World Fastest Drummerコンテストで2度の優勝!)”の称号を手にしたジョタン・アファナドール(Jotan Afanado …

Tokyo Creative Kids Festival

2016年6月24日

堀越彰さんと8歳のドラマー佐藤智輝君、夢の師弟ドラム・ソロ!

2016年4月24日(日)、舞浜アンフィシアター(東京ディズニーリゾート内)で行われた“Tokyo Creative Kids Festival 2016”。これは、今や大きなムーヴメントとなっている“東京ガールズコレク …