VINTAGE SNARE WIRE

抜群の反応と深みのあるサウンド

Vintage Snarewire ビンテージスネアワイヤー

ドラムサウンドの中で、もっとも大きな比重を占めているスネアドラム。そのスネアサウンドを決定づけているのがスネアワイヤーであることは、近年まで(一部のドラマーを除けば)意外と認識されていませんでした。

スネアワイヤーのビンテージと言えるのが、60年代のラディックとスリンガーランドでしょう。近年様々なメーカーが、その再現を試みるべく様々なスナッピーを発売してきています。カノウプス・ビンテージスネアワイヤーは、ビンテージ・スリンガーランドのスネアワイヤーを正確に成分分析し、同一素材を採用。量産が非常に難しい線径0.5mm、線外径1.35mm、ピッチ3.4mmのオリジナル形状を忠実に再現しました。 また、我々はビンテージススネアワイヤーを製作していくに当たり、スネアワイヤーを止めているエンドプレートがスネアワイヤーの繊細さを決定づける大きな要因であることを認識し、様々な厚さや形状のエンドプレートを製作し幾多のテストを繰り返しました。
その結果、エンドプレートの厚さを、最も繊細、かつ、ワイヤーを固定するに足る厚さの0.5mmに決定するとともに、いわゆる、スネアワイヤーの吸い付きを良くするために各社がエンドプレートに施しているスネアストリングおよびテープ用の溝は、逆にセンシティビティーを阻害しているとに気づき、これらを排しました。しかし、繊細さを追求したために薄く作られたエンドプレートは、かえってスネアストリングやテープが切れやすくなるため、スネアストリングおよびテープのための穴に折り返しを付けることでその問題を解決しました。

このようにして成分分析、エンドプレートの厚さ、形状等の実験、量産問題の解決に数年の歳月を費やして完成したビンテージスネアワイヤーは、際立つ立ち上がりと音の深み、そして歯切れの良さを実現しました。
カノウプス・ビンテージスネアワイヤーが、どれほどまでにスネアドラムのサウンドに劇的な変化をもたらすかは、ジャズ界の若き天才ビル・ステュワートが当社に立ち寄った際に、製作途上のプロトタイプを、「どうしても欲しい」と持ち帰ったことや、カノウプスの様々なエンドーサーから寄せられる賛辞などからも証明されています。
 

BACK BEAT SNARE WIRE

BackBeat Snare Wire バックビートスネアワイヤー

強烈なアタック音

大音量の中でもサウンドの粒がクッキリと浮かび上がる驚異のスネアワイヤー!
巻き数の多い鋼線(ワイヤー)を採用し、エンドプレートを1mm厚で仕上げることにより、2拍4拍のバックビートをアグレッシブに引き立たせる音量感と、細かいフレージングに対する反応の良さを両立。アグレッシブでラウドなスネアサウンドがこの1本で手に入る!

【CANOPUS製品詳細ページ】
»Back Beat Snare Wire

【関連LINK】
»【CANOPUS Times】スネア・ワイヤー交換のススメ >Back Beat Snare Wire編

使用ドラマー/コメント

Vintage Snare Wire

Back Beat Snare Wire

Back Beat Snare Wire 30

Back Beat Snare Wire 42

CANOPUS カスタムスネアワイヤー 14インチ用 6本仕様
Custom Shop CANOPUSにてテスト販売中!