CANOPUS Times

松下マサナオさんとセミ・ハード・ケースの新たな関係

松下マサナオ
■松下マサナオ[Yasei Collective, ZA FEEDO, Gentle Forest Jazz Band]

“中毒性の高い変幻自在なビート”を武器に、ジャンルレスな音楽で、ボーダーレスな活動を展開する超絶インスト・バンド、ヤセイコレクティブ(Yasei Collective)。そのリーダーであり、ドラマーの松下マサナオさんは、“これからのシーン”を牽引する重要な音楽家の一人ですね。BONNEY DRUM JAPAN、MEINL Cymbalsのエンドーサーであり、riddimスネア・ドラムの愛用でも知れるマサナオさんですが、実はカノウプスのスネア・ワイヤー、スピードスター・ベアリングをご愛用いただいているんです。さらに今回、新たに導入したばかりのセミ・ハード・ケースについて、その使用感や特徴を語っていただきました。

松下マサナオ セミハードケース

積みやすい!
今はスネアだけセミ・ハード・ケースを使っています。すごくいいですよ。まず積みやすいですね、下(裏面)がビニールになっているので。そこが面白いです。

僕が一番いいなって思ったのは、連続して積んだときに、例えば違うファイバーとかのケースの上に置いたとしても、普通のソフト・ケースのようにズルンとズレ落ちないところですね。(打面を上にするような積み方をしたときに)上からの力にはかなり強いです。ウィーク・ポイントは、縦に置いたときに、ちょっと転がるところ。それだけですね。実際、その状態で置くことはそれほどないかもしれないですけど。ハンドルもいいですし、チャックも丈夫だと思います。

松下マサナオ セミハードケース

少し厚め、大きめがいい!
ケース自体が少し厚めに(大きめに)作ってありますよね。それが僕は結構好きで、中で少し遊んでくれるぐらいがいいんです。例えばHARD CASEとかってグッと押さえつけるじゃないですか、あれが僕はどうしても嫌なんです。すごく不安です。中にタオルとかを入れてやるくらいの感じが好きですね。

僕の場合は13”のスネアも、薄っぺらいソフト・ケースに入れて、それを14”のHARD CASEに入れるんです。湿気的にも結構軽減されますよ。車に積みっぱなしが多いので、冬でもスタジオで出した瞬間に、ものすごくウェットな感じになるんですけど(笑)、それが比較的軽減される感じです。あとやっぱりいろいろなダメージにもかなり強くなりますよ。

僕は、どのバンドも3スネアとか、ヘタしたら4スネアってこともあるので、全部がスネア・ケースだと大変になっちゃうので、フロア・タム用に段ボールの厚いやつを(仕切りに)入れてやるのを考えてます。その場合もまず薄いソフト・ケースに入れてからですね。セミ・ハード・ケースだとケース自体に厚みがあって余裕があると、それができます。

今度、ヤセイ(コレクティブ)のライヴ用に、18”×17.5”っていうバス・ドラムをボニー(BONNEY DRUM JAPAN)で作ったんですけど、このセミ・ハード・ケースなら18”×17”で入るらしいので、それを使ってみたいですね。それでワン・セット全部セミ・ハード・ケースにしちゃった方が積みやすいから、それがいいですね!

CANOPUS セミハードケース

できるドラマーはケースにもこだわる! 皆さんもぜひ!セミ・ハード・ケースをお試しください! マサナオさんのセット一式のセミ・ハード・ケースもいずれご紹介したいと思います!

CANOPUS セミハードケース
http://canopusdrums.com/jp/product/semihardcase/

柏倉隆史

2017年3月22日

柏倉隆史さんが愛用するセミ・ハード・ケース!

REACHのドラマーとしてプロ・デビュー以来、その切れ味鋭い圧倒的なドラミングでシーンを席巻するドラマー、柏倉 …

Carmine Appice カーマイン・アピス ボルトタイト

2017年2月28日

カーマイン・アピスを興奮させたボルト・タイトの効果

カノウプス・ドラム(CANOPUS Drums)の草創期から現在まで、実に35年以上に渡って高い人気を誇る“ベ …

MOラウンドエッジ

2017年2月17日

MO Round Edge Snare Drum その誕生とサウンドの傾向

カノウプス、スネア・ドラム・ラインナップの中で、人気機種の1つである、MO(エム・オー/Oil Finishe …

HAZE / フリーザック

2017年2月16日

HAZE&フリーザックがカノウプス・スネア・ワイヤーを検証!

カノウプス・エンドーサーであり、その個性を存分に発揮する2人のドラマー、HAZEさんとフリーザック。 ロック系 …

Joe Porcaro ジョー・ポーカロ

2017年2月10日

ジョー・ポーカロとスネア・ワイヤーの素敵なショット!

偉大なるドラマー、ジョー・ポーカロ(Joe Porcaro)。日本では「ロザーナ」、「アフリカ」など、数々の名 …

三浦晃嗣

2017年1月25日

三浦晃嗣さんによるNV60-M5試奏レポートいただきました!

三浦晃嗣 すでに大きな反響をいただいているネオ・ヴィンテージ・シリーズの新しいスネア・ドラムNV60-M5。カ …

ハイブリッド・スネア・スタンド

2017年1月22日

ドラマーの理想を追求したハイブリッド・スネア・スタンド!完成!

“持ち運びを考えたら軽いスタンドがいいんだけど、ドラム・セットの中心となるスネア・ドラムを支えるスネア・スタン …

ネオヴィンテージ NV60-M5 スネアドラム

2017年1月21日

開発者が語るNV60-M5研究&製作秘話!

ついに発表!オーダー開始となったNV60-M5、カノウプスのネオ・ヴィンテージに加わった6台目となるスネア・ド …

クラレンス・ペン(Clarence Penn)

2017年1月19日

代表、碓田信一が明かす、NV60-M5誕生秘話とクラレンス・ペン

クラレンス・ペン(Clarence Penn) ネオ・ヴィンテージ・シリーズ NV60-M5 クラレンス・ペン …

YOSHIAKI [175R]

2016年12月30日

YOSHIAKI[175R]さんとVintage Snare Wire(NP)

2010年の活動休止から6年の歳月を経た2016年12月、ついに復活を果たした175R。日本の音楽シーンを一変 …

パスピエ やおたくや

2016年12月30日

やおたくや[パスピエ]さんとBack Beat Snare Wire(NP)

2011年のデビューから日本の音楽シーンに衝撃を持って迎えられ、その卓越した音楽性とテクニック、さらに70年代 …

玉田豊夢

2016年12月21日

玉田豊夢さんとBack Beat Snare Wire 30

飛ぶ鳥を落とす勢いの“若手No.1”時代から、すでにベテランの貫禄すら漂う凄腕ドラマー、玉田豊夢さん。多数のラ …

河村カースケ智康

2016年12月19日

河村“カースケ”智康さんとBack Beat Snare Wire 42

日本の音楽シーンを代表するトップ・ドラマー、河村“カースケ”智康さん。ライヴで、レコーディングで、数々のヒット …

カノウプス バックビートスネアワイヤー

2016年11月2日

スネア・ワイヤー交換のススメ Back Beat Snare Wire編

スネア・ワイヤー=スナッピーの交換によって、スネア・ドラムのサウンドをグレードアップさせる場合、まず第一に、絶 …

カノウプス ヴィンテージスネアワイヤー

2016年10月24日

スネア・ワイヤー交換のススメ >Vintage Snare Wire編

スネア・ドラムのサウンドを変えたい、または今よりもサウンドの質をグレードアップしたい場合、最も簡単で効果的なの …

玉田豊夢カスタムドラムキット

2016年9月7日

玉田豊夢NEWカスタム・ドラム・キットの全貌を紹介!

▲左から、2種のポプラ材/アッシュ材/シェル成型後/塗装後。 サイズ構成は、22”×15”BD、12”×8” …

2016年8月12日

ドラマー、松本淳の新相棒、STAVE BUBINGA!

松本淳さんは、UGUISSのドラマーとしてデビュー。TULIPのドラマーとして活動後にセッション活動を開始。こ …