CANOPUS Times

佐野康夫さんと刃 YAIBA II Bop Kit

日本を代表するセッション・ドラマー、佐野康夫さん。発表されたばかりのDVD『佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀〜プロの現場のシミュレーションから学ぶ匠の技と心得〜』では、その現場での流儀が惜しげもなく披露されています。そんな佐野さんは、村田陽一オーケストラや酒井泰三バンド、アースウインドアンドファイターズ、unbeltipoなどの“バンド”でも多彩なドラミングを展開中です。そこでは、メインのNeo VintageのNV60-M1EXキットだけでなく、CANOPUS Drumsのラインナップでは、価格を超えたドラム・セットとして話題沸騰中の刃 YAIBA II Bop Kitを使用することもあるそうです。Bop Kitをジャズではなく、ロックで使う! その真意を聞いてみました!

佐野康夫

“18”の3点の未来”を見せてくれるセット
僕は刃のバップ・キットはすごく気に入っていて、実はまだ手に入れてないんですけど(笑)、そろそろ欲しいなと思っているんです。色はEbonyか、Yaiba Gray SPもいいですね(笑)。

バップ・キットは、もちろんジャズっぽいサウンドでいきたいときには威力を発揮してくれると思うんです。やっぱり18”(のバス・ドラム)の3点ですから、サイズからジャズを連想させると思うんですけど……でもどうなんだろう? 実はジャズのマニア的な人にとっては、違うものに見えている可能性もあるんじゃないかな。実際にサウンド的なことで、「これはジャズじゃないんじゃないの?」っていう意見もありますよね。僕は、そこがコイツの“長所”だと思っていて、自分にとってはすごく現代的というか、これからの、“18”の3点の未来”を見せてくれるセットだと思っているんです。つまりジャズじゃない音楽で使う18”の3点ですね。

刃 YAIBAII Bop Kit Ebony▲エボニー・ラッカー(Ebony LQ)
刃 YAIBA II Bop Kit Gray spkl▲ヤイバ・グレー・スパークル・ラッカー(Yaiba Gray SP LQ)

等身大のサウンド
アクリル系の厚めの(強制硬化系/UV)ラッカーが、この適度な硬さのあるサウンドの要因になっていると思うんです。ここも僕は気に入っていて、硬過ぎず、でも適度な硬さが出て、アタックが出て、スムースに響いて、かといって暑苦しくなく、ゴージャズ過ぎないサウンド、響き、レゾナンスになっている……っていうところが、自分にとっては等身大な感じがするんです。すごくいいですね。
タムはスネア・スタンドに載せて
僕は、タムをスネア・スタンドに置いていますが、早い話、そのサウンドが気に入ってるってことなんです。具体的には中域がゴンッて出てくる感じ……。フローティング・システムの方が余韻は出るし、スネア・スタンドに置くと、そのぶん伸びていた音域は止まるんですけど、チューニングや置き方の工夫で出てくる中域によって、伸びてくる音域も変わってくる。そういうすべてにおいて、スネア・スタンドに置くサウンドが気に入ったんですね。あとストレート・スタンドにシンバルをつけたときみたいな、昔懐かしい「このサウンド、聴いたことがある!」っていう、“レトロ感”が出てくるんです。それが何とも言えず、気に入っているんですね。
Bop Kitをどう使う?
例えば、(新宿)ピットインとかでやっている村田陽一オーケストラは、完璧なストレート・アヘッドなジャズってだけのサウンドではないので、いろんなサウンドに対応した演奏をしなくちゃいけないんです。そういうところに合ったサウンドということで、刃のバップ・キットはいいかなと思って、最初に使いましたね。あとは、酒井泰三さんのセッションはもう大爆音なんだけど、そこでも使いました。あえての18”ですね。そこはツイン・ドラムだったりもするんですが、サウンド的には問題なかったです。いや、むしろタイトな低域が出るんで良かったと思います。

(バス・ドラムの)チューニングは、結構アタックが出るようにしてます。(フロント・ヘッドに)穴をあけて、ドスッていう感じが出るチューニングにするので、打面(レモ・パワーストローク3コーテッドを装着)の方はきっと緩めだと思います。ギリギリ、ヘッドがたわむ直前くらいか、もしくは上の方だけたわませたりっていう感じですね。

佐野さんのお話を聞くと、無性に刃 YAIBA II Bop Kitが欲しくなりますね(笑)! Jazzを超えてRockなBop Kit、ぜひ一度お試しください!



▲刃 YAIB II Bop Kitを演奏する佐野康夫さん! JazzじゃないBop Kitのサウンド、要チェックです!!!

佐野康夫さんの新たなメイン、NV60-M5スネア・ドラム!

2017年6月16日

佐野康夫さんの新たなメイン、NV60-M5スネア・ドラム!

魅力と秘密が満載のDVD『佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀〜プロの現場のシミュレーションから学ぶ匠の技と心 …

小関純匡 セミハードケース

2017年6月10日

小関純匡さん、セミ・ハード・ケースを試す!

日本を代表するロック・ドラマーの一人であり、ドラム・テクニシャンとしても日本の音楽シーンを支える重要人物、小関 …

[Type-R] MTR-1465-DH-BN Sakura Metallic

2017年6月1日

“Type-R”第一弾スネア・ドラム開発秘話!

「重厚なメタル削り出し厚胴スネア・ドラムに肉薄する“パワー”と、それを凌駕する“音飛び”、際立った“歯切れの良 …

ハイブリッド・シンバル・スタンド Hybrid Cymabal Stand CBS2-2HY

2017年5月13日

ハイブリッド・シンバル・スタンドなら座ったまま調整ができる

安定性抜群なのに重量が軽い、そしてシンバルの音がいい!とヘヴィ系のロック・ドラマーにも大好評!現在絶賛発売中の …

CBS-2HY 小宮勝昭

2017年5月12日

無駄にうるさく!? ハイブリッド・シンバル・スタンドを試す!

2017年、新たにマイナーチェンジを施し、現在絶賛発売中のカノウプス、ハイブリッド・シンバル・スタンド(Hyb …

松下マサナオ

2017年4月13日

松下マサナオさんとセミ・ハード・ケースの新たな関係

■松下マサナオ[Yasei Collective, ZA FEEDO, Gentle Forest Jazz …

柏倉隆史

2017年3月22日

柏倉隆史さんが愛用するセミ・ハード・ケース!

REACHのドラマーとしてプロ・デビュー以来、その切れ味鋭い圧倒的なドラミングでシーンを席巻するドラマー、柏倉 …

Carmine Appice カーマイン・アピス ボルトタイト

2017年2月28日

カーマイン・アピスを興奮させたボルト・タイトの効果

カノウプス・ドラム(CANOPUS Drums)の草創期から現在まで、実に35年以上に渡って高い人気を誇る“ベ …

MOラウンドエッジ

2017年2月17日

MO Round Edge Snare Drum その誕生とサウンドの傾向

カノウプス、スネア・ドラム・ラインナップの中で、人気機種の1つである、MO(エム・オー/Oil Finishe …

HAZE / フリーザック

2017年2月16日

HAZE&フリーザックがカノウプス・スネア・ワイヤーを検証!

カノウプス・エンドーサーであり、その個性を存分に発揮する2人のドラマー、HAZEさんとフリーザック。 ロック系 …

Joe Porcaro ジョー・ポーカロ

2017年2月10日

ジョー・ポーカロとスネア・ワイヤーの素敵なショット!

偉大なるドラマー、ジョー・ポーカロ(Joe Porcaro)。日本では「ロザーナ」、「アフリカ」など、数々の名 …

三浦晃嗣

2017年1月25日

三浦晃嗣さんによるNV60-M5試奏レポートいただきました!

三浦晃嗣 すでに大きな反響をいただいているネオ・ヴィンテージ・シリーズの新しいスネア・ドラムNV60-M5。カ …

ハイブリッド・スネア・スタンド

2017年1月22日

ドラマーの理想を追求したハイブリッド・スネア・スタンド!完成!

“持ち運びを考えたら軽いスタンドがいいんだけど、ドラム・セットの中心となるスネア・ドラムを支えるスネア・スタン …

ネオヴィンテージ NV60-M5 スネアドラム

2017年1月21日

開発者が語るNV60-M5研究&製作秘話!

ついに発表!オーダー開始となったNV60-M5、カノウプスのネオ・ヴィンテージに加わった6台目となるスネア・ド …

クラレンス・ペン(Clarence Penn)

2017年1月19日

代表、碓田信一が明かす、NV60-M5誕生秘話とクラレンス・ペン

クラレンス・ペン(Clarence Penn) ネオ・ヴィンテージ・シリーズ NV60-M5 クラレンス・ペン …

YOSHIAKI [175R]

2016年12月30日

YOSHIAKI[175R]さんとVintage Snare Wire(NP)

2010年の活動休止から6年の歳月を経た2016年12月、ついに復活を果たした175R。日本の音楽シーンを一変 …

パスピエ やおたくや

2016年12月30日

やおたくや[パスピエ]さんとBack Beat Snare Wire(NP)

2011年のデビューから日本の音楽シーンに衝撃を持って迎えられ、その卓越した音楽性とテクニック、さらに70年代 …