Type-R(タイプR)スネアドラム
BEATO ビート・ドラム・ケース

CANOPUS Times

水野泰宏[SABER TIGER]さんのスタイルにハマるType-R!

札幌を拠点に活動するヘヴィ・メタル・バンド、SABER TIGER(サーベル・タイガー)は、1981年に結成、数々の歴代名ドラマーの在籍でも知られるようにシーンを代表する伝説的なバンドである。そのSABER TIGERに2010年加入、アグレッシヴなドラミングで鼓舞しているのが、ドラマー、水野泰宏さんです。水野さんに現在ご愛用いただいているType-Rのウッド・スネア・ドラム“BULLET”について、お話をうかがいました!

水野泰宏 Yasuhiro Mizuno
愛用Type-Rのスペック
今、僕が使っているのはMTR-1455-PHです。14”×5.5”、プレス・フープ仕様で、色がガン・メタリック(Gun Metallic)、パーツもブラック・ニッケルです。まずカラーについては、僕のドラム・セットの色が“マットブラック”なのでそれに近い色ということでガン・メタリックにしました。パーツのカラーも同じ理由になります。サイズは、もともと5“や5.5”というサイズが、音の立ち上がりが速い印象もあって好きなんです。

Type-R[タイプR] MTR-1455-PH-BN-GM

ロック魂を感じる音
ある日、カノウプスの方から「今回、ロック仕様の、僕にピッタリな新製品が出たからぜひ試して見てくれ」という連絡をいただきまして(笑)。もともとすごく気になっていたスネアだったので、ぜひ!ということで使わせていただきました。普段は、カノウプスのMO-1455が特に気に入っていて使っているんですが、同じメイプル材、ましてや同じ10プライでここまで、まったく違う音になるのか!とビックリしました。とにかく硬い印象で、金属のスネアと言われても気づかない人がいるんじゃないかと思うくらい“ロック魂”を感じる音です。いい意味で“ピーキーな音”というイメージですね。そして大音量で鳴り、“突き抜ける音”です。
プレス・フープでもここまでパワフルに鳴ってくれる!
SABER TIGERの音楽とも、もちろんバッチリです。バンド・サウンドがかなり極悪なのですが、その中でもしっかり存在感のある音で鳴ってくれます。僕のドラミング・スタイルとの相性ですか? もちろん合っているのではないでしょうか。僕のスタイルだと割とフル・ショットで演奏し続けることが多いので、ダイキャスト・フープだと手が痛くなったりするのですが、プレス・フープでもここまでパワフルに鳴ってくれるので、とても叩きやすいですね。今後は、特にレコーディングで使いたいですね。それも速い曲で。

あと、ちょっと相談させていただいたのですが、レッド・ロックが(上下)3ヵ所だけだと緩んできてしまって、ライヴ中にボルトを締め直すということがありました。この点が改善されればさらに良いのではないかと思いますね。

水野さん一押し! ヘヴィ・メタル、ハード・ロックでも抜群の存在感を発揮するType-Rの“BULLET”スネア・ドラム。ぜひお試しください!

Stave Bubinga

2017年8月10日

246ライブハウスGABUよりSTAVE BUBINGAのサウンドレポート

前回の記事でご紹介した246ライブハウスGABU。お邪魔したときは写真のようにオープンに向けて作業中のホールで …

ライブハウスGABU

2017年8月2日

STAVE BUBINGAドラム・キットと共に関西の音楽シーンに新たな歴史を刻むライブハウスGABU

関西のバンドマン、ミュージシャンにとって欠かせない存在となっている「スタジオ246」。大阪に6店舗、神戸、京都 …

ハイブリッド・スネア・スタンド

2017年7月24日

ついに!ハイブリッド・ハイハット・スタンド完成!

2017年、新たに発売されたハイブリッド・スネア・スタンド(Hybrid-Snare Stand/CSS-4H …

androp 伊藤彬彦

2017年7月12日

伊藤彬彦[androp]さん、メイン・スネアType-Rを語る!

CANOPUS Drums初の“ロックに特化”したドラム=Type-R。その第一弾となるウッド・スネア・ドラム …

佐野康夫

2017年6月18日

佐野康夫さんと刃 YAIBA II Bop Kit

日本を代表するセッション・ドラマー、佐野康夫さん。発表されたばかりのDVD『佐野康夫 ドラムレコーディングの流 …

佐野康夫さんの新たなメイン、NV60-M5スネア・ドラム!

2017年6月16日

佐野康夫さんの新たなメイン、NV60-M5スネア・ドラム!

魅力と秘密が満載のDVD『佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀〜プロの現場のシミュレーションから学ぶ匠の技と心 …

小関純匡 セミハードケース

2017年6月10日

小関純匡さん、セミ・ハード・ケースを試す!

日本を代表するロック・ドラマーの一人であり、ドラム・テクニシャンとしても日本の音楽シーンを支える重要人物、小関 …

[Type-R] MTR-1465-DH-BN Sakura Metallic

2017年6月1日

“Type-R”第一弾スネア・ドラム開発秘話!

「重厚なメタル削り出し厚胴スネア・ドラムに肉薄する“パワー”と、それを凌駕する“音飛び”、際立った“歯切れの良 …

ハイブリッド・シンバル・スタンド Hybrid Cymabal Stand CBS2-2HY

2017年5月13日

ハイブリッド・シンバル・スタンドなら座ったまま調整ができる

安定性抜群なのに重量が軽い、そしてシンバルの音がいい!とヘヴィ系のロック・ドラマーにも大好評!現在絶賛発売中の …

CBS-2HY 小宮勝昭

2017年5月12日

無駄にうるさく!? ハイブリッド・シンバル・スタンドを試す!

2017年、新たにマイナーチェンジを施し、現在絶賛発売中のカノウプス、ハイブリッド・シンバル・スタンド(Hyb …

松下マサナオ

2017年4月13日

松下マサナオさんとセミ・ハード・ケースの新たな関係

■松下マサナオ[Yasei Collective, ZA FEEDO, Gentle Forest Jazz …

柏倉隆史

2017年3月22日

柏倉隆史さんが愛用するセミ・ハード・ケース!

REACHのドラマーとしてプロ・デビュー以来、その切れ味鋭い圧倒的なドラミングでシーンを席巻するドラマー、柏倉 …

Carmine Appice カーマイン・アピス ボルトタイト

2017年2月28日

カーマイン・アピスを興奮させたボルト・タイトの効果

カノウプス・ドラム(CANOPUS Drums)の草創期から現在まで、実に35年以上に渡って高い人気を誇る“ベ …

MOラウンドエッジ

2017年2月17日

MO Round Edge Snare Drum その誕生とサウンドの傾向

カノウプス、スネア・ドラム・ラインナップの中で、人気機種の1つである、MO(エム・オー/Oil Finishe …

HAZE / フリーザック

2017年2月16日

HAZE&フリーザックがカノウプス・スネア・ワイヤーを検証!

カノウプス・エンドーサーであり、その個性を存分に発揮する2人のドラマー、HAZEさんとフリーザック。 ロック系 …

Joe Porcaro ジョー・ポーカロ

2017年2月10日

ジョー・ポーカロとスネア・ワイヤーの素敵なショット!

偉大なるドラマー、ジョー・ポーカロ(Joe Porcaro)。日本では「ロザーナ」、「アフリカ」など、数々の名 …

三浦晃嗣

2017年1月25日

三浦晃嗣さんによるNV60-M5試奏レポートいただきました!

三浦晃嗣 すでに大きな反響をいただいているネオ・ヴィンテージ・シリーズの新しいスネア・ドラムNV60-M5。カ …