Concept

カノウプスの由来

カノウプスは南半球の空に輝く星の名前で、日本からはまれに見ることができるシリウスについで2番目に明るい赤く見える星です。中国では老人星とよばれ昔の都洛陽・長安などからは、南のはて低くに非常にまれに見える星でした。南をめでたい方角としていたので、カノウプスをめでたい星として敬って、社を建てて祭り、老人星が見えた年は国家安泰、見えない年は戦争が起きると信じていました。めったに見ることができないこの星を見ると長生きができる、老人にとってはめでたい星だというので老人星と名づけられました。一方で漁師にとっては冬のさなか、南の空の水平線近く、みなれない異常に大きな星があらわれることがあると、海がしけてくるから船を出してはならないという言い伝えがあります。転じてこの星を見ることが出来れば災いをさけることができると信じられてきました。これらの伝説に肖り、「ドラムメーカーとして希有のブランドであり、ドラマーに幸福をもたらし、真のブランドメーカーとして長寿でありたい」という願いから“カノウプス”と名付けました。

カノウプス

ドラムのさらなる可能性を求め、進化させる開発コンセプト

ドラマーにとって理想のドラムの音とはなんでしょうか?ドラム開発において当初私達は現代のレコーディングされた音、言い換えればイコライジングされた音の具現化というテーマのもとに、各ドラムサイズごとのシェルコンストラクションからもサウンドコントロールを考えた「R.F.M(.レインフォースメントメイプル)シリーズ」の開発をいたしました。ベアリングエッジ形状を追求する上で、理論上1/100mm単位までコントロール可能な技術を構築したのもこの時期です。さらにR.F.M.シリーズのモニタリングの結果、ロックユーザーの中には、もっと「ラフ」で、よりストレートな音飛びのするサウンドを好む傾向がありました。シリーズの必要性を感じ「Birchシリーズ」を開発し、この2シリーズで概ねドラマーのニーズに応えられるのではないかという思いでいました。しかしこれらのドラムの完成の後も様々なドラマーから過去(60’s、70’s)のレコーディング時のドラムの音について言及されることが多いことに気づき、「理想の音とは単にイコライジングしコントロールされた音だけではない」という結論に達したのです。そして私達が次に開発を試みたのは「頭の中で美化されたビンテージサウンドの再現」です。「ネオビンテージ」と冠したこのシリーズでは、文字通り「60年代にジャズ界を席巻したドラムサウンドの再現」と言う開発理念のもと「NV60-M1」を完成させました。そしてシリーズ第二弾の「60年代ロック界を風靡したドラムサウンドを再現」した「NV60-M2」の完成へと続きます。コンセプトドラムとも言えるそのサウンドは、ビンテージドラムの「くせ」までも再現している為、非常に「好き嫌い」のはっきり出る個性的なシリーズとなっています。その「くせ」を嫌うプレイヤー向けには、NV60-M1、NV60-M2それぞれのシェルのポテンシャルを最も高めたエッジシェイプを施した「EX」も設定しました。
又、米国ROCKETSHELLS社との共同開発によるラウドシーンで求められる爆音を発するカーボンファイバーシェルや、ブロック工法による厚胴ドラム等の開発もしてまいりました。
これらの開発過程の中で、カノウプスのドラム開発には3つの方向性があることを自ら見いだす結果となりました。

シリーズ別サウンドガイド
 RockPopsJazz
R.F.M. 明るく、膨らみのあるサウンド
Birchダークトーンで、ストレートな音飛び  
Ashドライで張りのあるサウンド  
NV60-M160’s Gサウンドをシミュレーション  
NV60-M260’s Lサウンドをシミュレーション  

※ジャンル分けは、あくまでも目安です。

カノウプス Regular Line

カノウプス Vintage Line

カノウプス R&D Line

ドラマーの個性に特化したカスタマイズサウンドの提案

カノウプスとして3大理念のもとに開発する様々なシリーズの開発過程で、私達は、もう一歩踏み込んだドラムサウンドの提案をいたします。ドラマー一人一人にとっての理想のドラムサウンドとは究極のところ100人100様のドラムがなければならないのではないかということです。ドラムサウンドを決定づけていく要素にはシェルの材質、コンストラクション、フープやラグ等のハードウエア、ベアリングエッジ形状、フィニッシュ、ドラムヘッド、チューニング等、様々あります。それらの要素が組み合わさり無数のサウンドを作り出すことが可能なのです。代表的な例を当社のエンドーサーのサウンド作りをもとにお話しいたしましょう。

例1)

弊社のエンドーサーの一人である佐野氏は、弊社がRFMシリーズを開発した当初よりすべてのシリーズを使っていただいております。RFMシリーズのあとにBirch、Mahoganyとそのドラム遍歴を重ね、現在は、NV60-M1のベアリングエッジをカスタマイズしたNV60-M1EXを使用しています。EXは標準仕様でプレスフープを採用し、オープンでありながら芯のあるサウンドを実現、NV60-M1と同じシェルコンストラクションでありながら異なった、より彼のテイストに近いサウンドキャラクターを作り上げています。

例2)

プロドラマーにとって必要なドラムはいったい何種類なのでしょうか?究極のところドラムサウンドは2種類あれば良いと言い切る著名ドラマーがいます。それはライブ用のドラムとスタジオ用のドラムということです。そのレコーディングの数の多さからギネスブックにのっていると言われる彼のスタジオ経験から彼が選んだドラムサウンドは、Birchシリーズをヘッドやミュートでアレンジしたもの。タムには最もドラマーのスティックに繊細に反応するレモコーテッドアンバサダーにオーリングミュート或はムーンジェルによるミュートを施し、バスドラは18″x20″の深胴の両面にレモのマッフルミュートヘッドを使用し、嫌な高倍音をすべてカットしバーチ特有のウォームでファットな中低域を強調したショートサスティーンのドラムサウンドを作り上げました。

このようにして当社が提案するいくつかのドラムシリーズをもとにドラムサウンドを構成する様々な要素の組み合わせを施すことによりドラマー一人一人の個性あるサウンドキャラクターを無限に作り上げることが出来ます。弊社から発売されているシリーズのドラムをより自分のテイストに仕上げたい方は全国の当社サポートショップにご相談ください。