安藤芳広Yoshihiro Ando


東京都交響楽団 首席ティンパニ&打楽器奏者
東邦音楽大学 特任准教授、武蔵野音楽大学 講師
なにわ《オーケストラル》ウィンズ

安藤芳広

東京都交響楽団 首席ティンパニ&打楽器奏者、東邦音楽大学 特任准教授
武蔵野音楽大学 講師、沖縄県立芸術大学 講師、なにわ《オーケストラル》ウィンズ

1987年 東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。
在学中よりオーケストラを中心に様々なエリアで活動開始。
1993年 東京都交響楽団入団。95年より首席ティンパニ&打楽器奏者に就任、現在に至る。
1997~1998年 アフィニス文化振興財団の派遣によりドイツ・ベルリンへ留学。ベルリン・フィルのソロ・ティンパニスト ライナー・ゼーガース氏のもとで研鑽を積んだ。
また、プロ交響楽団奏者による吹奏楽団 なにわ《オーケストラル》ウィンズに参加するなど、吹奏楽の分野にも造詣が深い。
東邦音楽大学特任准教授、武蔵野音楽大学非常勤講師。